留学先

Highline College
アメリカ合衆国 ワシントン州 デモイン

認定留学

身についた自信と世界中の友だちが財産です

文学部 英語英米文化学科 / 英米文化研究コース 鈴木早月 さん

ブロークンな英語でも、現地の人とコミュニケーションが取れるようになったことで、さまざまな国から留学してきていた人と友達になることができました。今でも彼らとは連絡をしています。留学中は集中したりプレッシャーを感じることも多いので、この繰り返しが精神力を鍛え、自分に自信を持てるようになりました。社会人になっても留学で培った「自分で行動し、飛び込む」ことを忘れずに、自信と勇気をもっと自分のものにしていきたいです。

文学部 英語英米文化学科 4年 鈴木早月 さん 愛知県 愛知教育大学附属高等学校出身

Profile

高校生のとき隣同士になった帰国子女の子が、面白い英語のフレーズやオススメの洋画や洋楽などをたくさん教えてくれました。それから日本とは違うアメリカのキャンパスライフに憧れを抱くようになり英語を勉強。実際に海外でコミュニケーションを取ってみたいと思うようになり留学を決めました。

紹介します!私の宝物

  • 夏休みを使ってグランドキャニオンに行った時の写真です。日本では決して見られない壮大な景色にとても感動しました。
  • シアトルでも有名な「クラブポット」というシーフードレストラン。茹でたカニや貝類、ソーセージ、コーン、ポテトなどをテーブルの上にぶちまけ、木槌でカニの甲羅をたたき割って食べる、という斬新なスタイルのお店でした。海を近くに感じながら落ち着いた雰囲気で楽しく頂けるのはもちろん、味も最高!留学中は何度も足を運んだ大好きなお店です。
  • 大学内で行われたハロウィンパーティーでは、それぞれがこだわった仮装をしてきました。やはり控えめな日本人とは違い、現地の人の仮装はとってもハイクオリティでした!
  • お世話になっていた先生の自宅で開かれたThanksgivingDay(感謝祭)のパーティーに招かれ、食事の前の歓談中に得意なフルートを演奏しました。ずっと吹奏楽部だったので、フルートは日本から持ってきていて、実は授業後に毎日欠かさず練習していました。そのおかげで讃美歌を、親戚のお兄さんと一緒に演奏することができました。とても貴重な経験になりました。
文学部英語英米文化学科の情報はこちら