海外研修で気付いた、今の私がすべきこと

思いを伝えるために、
映像技術とともに
人間力を高めていく

国際情報学部 国際情報学科 メディアスタディーズコース 2年
宮松采加さん(愛知県 名古屋市立北高等学校出身)が紹介!

国際情報学部 国際情報学科 メディアスタディーズコース 2年 宮松采加さん(愛知県 名古屋市立北高等学校出身)
国際情報学部
国際情報学科 メディアスタディーズコース 2年
宮松采加さん(愛知県 名古屋市立北高等学校出身)

映画づくりに関わりたい!
金城での学びはその思いに
最短距離でした

私はミュージカルが大好きで、特に高校生のときに見たトム・フーパー監督の映画「レ・ミゼラブル」に大きな感銘を受けました。登場人物一人ひとりの人間味に溢れた描写は何回見ても飽きることはありません。この映画との出会いが、映像の世界を目指すきっかけになったと思います。
学科選びで決め手となったのは、全員参加の海外研修「KIT」と、そこで実施される「海外での映像作品制作プログラム」。1年次から海外で映像制作を体験できる金城のメディアスタディーズコースは、まさに自分が求めていた学びの環境でした。
当初はロサンゼルス(ユニバーサル・スタジオ)での映像制作に興味を持っていたのですが、担当の先生の熱意に動かされ、KITでは初めてとなるハワイ島での映像制作に参加。そのすべてが、今までにない貴重な経験で、今も鮮明に思い出すことができます。
※海外研修(KIT)のプログラムの内容は、年度により異なります。

国際情報学部 国際情報学科 メディアスタディーズコース 2年 宮松采加さん(愛知県 名古屋市立北高等学校出身)
ハワイならではの強い日差しのもと仲間と一緒に撮影。

ハワイ島での体験が
示してくれた
これからの指針

ハワイ島では映像制作とメイキング、二つのチームに分かれて実習を行いました。私は映像制作チームに所属し3人で取り組んだのですが、当初考えていたコメディの企画で意見がまとまらず、激しく議論もしました。そして、先生のアドバイスも受けて、ハワイ島、オアフ島のプロモーションビデオ制作に着地!雄大な自然を中心に撮影を行い、とても良い映像になったと思っています。また、現地のコーディネーターの方にも驚かされました。日本人で抜群の英語力はもちろん、バイタリティと行動力は、将来海外でも活動したいと考えている私にとって、まさにお手本のような方でした。こうして、さまざな映像づくりは一人ではできないと実感できたのも大きな収穫です。意見をまとめる力、相手の思いを受け止める力、そして行動力・・・。総合的な人間力が必要ですね。心残りは予定されていた星空の撮影が、悪天候でできなかったこと。いつか世界最高とも言われるハワイ島の星空をこの手でカメラに収めたいと思っています!

国際情報学部 国際情報学科 メディアスタディーズコース 2年 宮松采加さん(愛知県 名古屋市立北高等学校出身)
ジーニアースサポーターズでレポートの書き方を後輩へアドバイスしました!

目指す未来のために
必要なのは映像だけでなく
幅広い知識と経験!

映画に携わりたいと選んだこの道ですが、舞台にも興味がありますし、撮ること、構成を考えること、どちらも面白いです。今は、さまざまなことを吸収し、成功と失敗を繰り返しながら、自分の進むべき方向を見極めたいと思っています。それがどんな仕事であっても、映像制作を通して誰かの思いを沢山の人たちに伝えられるようになりたいです。
映像制作とは異なりますが、学生のIT環境を充実させるため、学部の有志で結成されたグループ「ジーニアースサポーターズ」に所属しています。パソコンやソフトの使い方をプレゼンしたり、生協とのコラボでグッズを作ったりする中で、コミュニケーション力やアピール力を高めることもでき、私の学生生活に欠かせない存在です。
金城で過ごす4年間で、映像分野以外の学びもしっかり深め、体験を重ねることで、将来の自分に繋げていきたいですね。

海外研修(KIT)思い出のアイテム
海外研修(KIT)思い出のアイテム

ハワイの思い出がたくさん詰まっています!

ハワイ島で友だちと買ったお揃いの「パイナップルのキーホルダー」(円内写真)。楽しかったことや大変だったこと、見るたびに当時のことが思い浮かびます。
もう一つは、ハワイ島に持っていった一眼レフです。見たものをできるだけ美しく撮りたいと思い、いつも使っているスマホではなく一眼レフで撮影しました。写したものは景色はもちろん、かけがえのない思い出もいっぱい!

KIT 思い出のアイテム

手放せない大切なパートナー

動画や写真を編集したり、メディアスタディーズコースならではのクリエイティブな作業に大活躍なのがこのノートパソコン。もちろん、レポート作成を行ったり、授業にも欠かせません。ハワイのハンドサイン「シャカ」のステッカー付きです!

社会人としての基礎力を養う国際情報学科の特色ある学び

国際情報学科には今回の記事にある、全員参加の体験型海外研修「KIT」をはじめとした、特色ある数々の学びが用意されています。 「WLI」では、誰もが場面や課題に応じて発揮できる、これからの時代に必要な「協調型リーダーシップ」を養います。英語教育「EIC」では、実用英語を楽しみながらスキルアップ。コミュニケーションの“道具”として活用できるようにします。また、「ICT」では、将来に役立つ情報機器の活用能力が、授業やコミュニケーションで自然と身につきます。こうした科目群を通して社会人としての基礎力を養うことができます。

TOEIC(国際コミュニケーション英語能力テスト)とは