国際情報学部

国際情報学科

情報を駆使して
グローバル時代を動かそう。

強み

全員参加の体験型海外研修
「KIT」

1年次に全員が海外研修に参加します。多数ある体験型プログラムの中から希望する研修先を選び、大学での有意義な学びにつなげます。

協調型リーダーシップを磨く
「WLI」

これからの時代に必要なのは「協調型リーダーシップ」です。問題解決型プロジェクトにより、お互いの持てる力を生かし合う能力を養います。

両コースの多彩な科目を
自由に学べる

所属するコースの枠を超えて、もう一方のコースの科目も自由に履修可能です。複合的な視点が養われ、幅広い進路選択につなげることができます。

学び

出願時にコース選択。

1年次に基礎を学び、2年次から所属コースを中心に学びつつ、他コースの授業も自由に学べます。

  • グローバル
    スタディーズコース
    世界に通じる国際性を身につける
    将来、旅行業界や貿易関連企業などで仕事をしたい人はもちろん、現代社会ではどのような職業に就く場合でも、世界各国の情勢や人々の価値観を理解する必要があります。このコースでは、国際社会の実情と多様な文化への理解を深めながら、グローバル社会で必要とされる感性とスキルを磨きます。
  • メディア
    スタディーズコース
    多彩な情報分野のリーダーになる
    マスコミや広告業界で働く力、Webデザイン・ゲームソフト制作・プログラミングなどの技術を活用する力、自ら情報を創造して発信する力を養成します。メディア社会をリードする各分野のスペシャリストとして、より豊かな社会を築くことのできる人材を育てます。

2コース共通の

特色ある学び

社会人として通用する基礎力を養う
  • 国際性
    「KIT」
    1年次に、全員参加の海外研修を体験し、
    視野を大きく広げる
    詳しくはこちらから
  • リーダーシップ
    「WLI」
    協調型リーダーシップを磨き、
    問題解決型プロジェクトを企画・実施
    詳しくはこちらから
  • 情報リテラシー
    「ICT」
    情報機器(PC、タブレット端末、スマートフォンなど)
    を活用した授業形式を導入
    詳しくはこちらから
  • 英語力
    「EIC」
    コミュニケーションの“道具”としての
    実用英語を学ぶ
    詳しくはこちらから
各業界と連携した実践的なプログラム
    • 観光プログラム

    • 貿易ビジネスプログラム

    • 国際貢献プログラム

    • マスコミプログラム

    • プランナープログラム

    • クリエイタープログラム

多彩なプログラムから選べる!

1年次に全員参加
海外研修プログラム

※本学の交換・派遣・認定留学などの長期留学を行う場合(2年次以降も含みます)は、それをもって海外研修(KIT(3))の単位認定が受けられます。

  • 異文化の中で自分を再確認し、学びに生かす。
    本学科では、1年次に全員必修の海外研修を実施しています。1年次に行う理由は、日本とは全く異なる環境の中でさまざまな未知の体験をすることで、視野を広げると同時に自分に足りないものを発見し、その気づきを大学での学びに生かしていくためです。外国に興味津々の人はもちろん、「知らない国へ行くのは不安」「語学に自信がない」という人も、学科が全面的にバックアップするので安心して参加できます。研修プログラムは、異文化交流やインターンシップ、企画制作実習など種類が豊富なので、自分の興味や目的に合わせて選ぶことができます。
  • 春休みの出発に向けて、1年間しっかり準備。
    「KIT」の授業では、自信を持って海外研修に参加できるよう、1年かけて準備を進めます。まず1年次前期には、渡航時に必要なトラベル英会話を学び、各プログラムの内容を十分に理解して研修先を決定します。後期には、研修先別のクラス編成で現地の文化や社会事情、必要な日常会話を学びます。そして、春休みにそれぞれの研修地に赴きます。帰国後には報告会を開催し、研修での体験や学習成果、今後の目標などを発表します。この経験をふまえて、2~4年次に再び海外研修に参加することもできます。さらに実践的な海外キャリアトレーニングも用意しています。
2019年度 KITの実施プログラム 
※年度により内容は異なります
  • カナダ語学研修と
    インターンシップ体験プログラム
    カナダの軽井沢と称されているケロウナで3週間のホームステイをして、語学研修とインターンシップを体験します。
  • イギリス語学研修と
    エンパワーメントプログラム
    2021年2月開始予定
    ロンドン南方のボーンマスで、2週間ホームステイをしながら語学研修を行います。  
    映画『ハリーポッター』のロケ地にもなったクライストチャーチも見学する予定です。
  • 貧困・幸せ・戦争を考える
    カンボジアプログラム
    スラム街にあるNGOの施設で子どもたちと交流しました。
  • 台湾観光ツアーを企画する
    プログラム
    日本人向けの「台湾観光ツアー」の企画に取り組みます。 実際に店舗に並び、 販売される旅行商品を作りました。
  • ニュージーランド語学研修と
    エアライントレーニングプログラム
    キャンパス内の充実した設備で、機内業務の本格的な研修を受けました。
  • ハワイ(オアフ島)のメディアや
    観光ビジネスを学ぶプログラム
    ハワイで起業して活躍する日本人女性経営者の方たちに、夢を叶えるまでの経験談や仕事の内容などをお聞きします。

海外キャリアトレーニング

海外でビジネス英語を学び、
キャリアを磨く!

2年次以上の学生を対象として、春休みに約6週間、米国サンディエゴで実施する留学プログラムです(奨学金制度あり)。多国籍の学生が集まる語学学校において、10人以下の少人数クラスで英語研修を行ったあと、旅行会社や出版社、学校、NPOなどでインターンシップを体験します。英語のスキルを磨くと共に、多文化社会の中でお互いの能力を引き出せるコミュニケーション力を持った人を育成することが目標です。
奨学金 20万円給付 成績優秀者対象
インターンシップ先は、日系・米国系の企業・学校・NPOなどさまざまですが、いずれも現地スタッフの方と積極的にコミュニケーションを取りながら仕事を体験します。

自分の強みを知り、
問題解決型プロジェクトで生かす。

女性の必須能力
「協調型リーダーシップ」
養成プログラム

WLIは「協調型リーダーシップ」を養うための特別な科目群です。協調型リーダーシップとは、誰もがさまざまな場面や課題に応じて発揮できる、これからの時代に必要なリーダーシップ。一人ひとりが尊重され、活躍できる社会を築くための力となるものです。協調型リーダーシップを養うには、まず自分の能力や長所を自覚することが必要です。そして、その能力や長所を、あるときは仲間と対等な立場で、あるときは誰かを導く立場や組織を支える側として発揮できるようにしていきます。授業では、「女性のライフキャリア」などをテーマとした問題解決型のグループワークを通して、協調型リーダーシップを体験的に理解し、その経験を生かして学内外と連携した具体的なプロジェクトに取り組みます。これまで、ゲスト講師を招く講演会の企画・運営や企業への商品企画の提案を行うなど、着実に実践力を高めています。さらに2019年度から「WLI C」のカリキュラムがNPO法人 日本アクションラーニング協会の学生アクションラーニング(AL)コーチ養成プログラム※1として認定され、企業研修でも採用されている、さまざまな問題を解決するとともに他者のリーダーシップを向上させる「質問会議®※2」のスキルを身につけます。

※1 全国の女子大で最初の事例です。(2019年9月現在)

※2 「質問会議®」は株式会社ラーニングデザインセンターの登録商標です。

授業を通して情報機器活用能力が
自然と身につく。

高度な情報通信技術を習得

本学科の授業では、ICTを積極的に活用しています。情報分野の科目に限らず、さまざまな授業でノートパソコンやタブレット端末、スマートフォンなどを活用しています。また、インターネット環境さえあれば、いつでもどこでも教員とのコミュニケーションや課題の提出、教材のダウンロードなどができます。授業や大学生活を通して日常的にICTを利用することで、大学での学びがより快適かつ有効になるのはもちろん、将来、就職先などで役立てられる高度なICTスキルが自然に習得できるようになっています。

“伝わる英語”をしっかり習得。
英語重視の履修も可能。

実践を通して
ステップアップする
英語教育

本学科では、コミュニケーションの“道具”としての実用英語を学びます。接客に特化した英語、ニュースやCMなどの生きた英語、TOEIC対策、e-Learning、英語によるプレゼンテーションなど、さまざまな授業があります。一人ひとりのレベルや目的に合わせ、英語で話す・聞く楽しさを味わいながら英語力を高めていきます。英語が好きな人は、英語科目を重点的に履修し、4年間にわたって英語力を伸ばすことができます。

めざす業界を見据えた
6つの実践的プログラム

各種業界と連携した、より専門的で実践的な取り組みで経験を積むことができます。職種によっては資格取得が必須の場合や、資格があることで就職が有利になる場合もあります。本学科では、資格取得のための科目を設け、合格に向けたきめ細かな指導をしています。

  • 観光プログラム

    業界分野/旅行・観光
    旅行業、ホテル、空港関連サービスなど

    世界各国の文化や社会を理解し、観光・旅行業界の現状や旅行プランニングの実践を学びます。ANA総合研究所や名鉄観光サービスといった業界の最先端を知る企業との提携授業も。さらに、旅行業務取扱管理者の資格取得に直結した授業もあります。

    役立つ資格/国内・総合旅行業務取扱管理者

    安全で楽しい旅行を提供するために、その取引を管理・監督する旅行業界で必須の国家資格。授業では、資格試験で出題率の高い部分を重点的に取り上げ、業界内外の興味深い話を織り交ぜながら講義します。

    関連科目

    旅行業務研究、観光文化論、観光ビジネス研究、観光サービス論、観光サービス研究、世界遺産研究A・B など

  • マスコミプログラム

    業界分野/マスコミ
    アナウンサー、番組制作者、ディレクターなど

    マスメディアの仕組みを学び、情報の発信者として必要な情報の収集力・編集力・表現力を磨きます。番組制作に取り組み、企画・制作の過程やさまざまな役割を学ぶ実習もあります。

    関連科目

    マスコミュニケーション論、ジャーナリズム論、アナウンス技術A・B、デジタルコンテンツ制作技術、自己表現技術 など

    アナウンス技術A・B

  • 貿易ビジネスプログラム

    業界分野/国際ビジネス
    商社、通関業、流通業、金融・保険業など

    世界経済や貿易の知識、国際的なビジネスの実際を学びながら、通関士資格や貿易実務検定の合格をめざします。海外取引に必要なビジネス英語を学ぶ授業もあります。

    役立つ資格/通関士、貿易実務検定

    通関士は、輸出入貨物の通関手続きに関する書類の作成・審査・提出を行う責任者で、貿易実務に関する唯一の国家資格。授業では、日頃なじみのない用語をわかりやすく解説します。貿易実務検定は、貿易・産業界でアピールできる検定試験。B級・C級の取得を目標に貿易実務の基礎を学びます。

    関連科目

    通関業務研究、貿易実務研究、Business English A~F など

  • プランナープログラム

    業界分野/広告
    広告プランナー、プロモーションプランナーなど

    効果的な広告を作るうえで重要な、消費者行動の分析やマーケティングなどの知識を身につけ、実際に広告の企画・制作に取り組みます。市場調査に役立つ社会調査士資格の対応科目もあります。

    役立つ資格/色彩検定、CGクリエイター検定

    広告やプロモーションビデオ、企画提案資料などの作成において、受け手にインパクトや良いイメージを与えることは重要です。もちろん内容が重要であることは言うまでもありませんが、その良さが相手に伝わらなければ、見向きもしてもらえません。また、特定の色を判別しにくい方がいることを考慮して、色覚バリアフリーを意識したプレゼンテーション資料を作成することも大切です。さまざまなメディアを通じて、情報を伝えるスキルのひとつとして身につけておきたい知識・技能を学べます。

    関連科目

    広告論、マーケティング論、消費者行動論、CM制作、起業論、経営学総論、インターネットビジネス論 など

  • 国際貢献プログラム

    業界分野/国際貢献・国際協力
    国際機関、NGO、大学院進学など

    世界の国々が抱える問題を理解し、異文化間のコミュニケーション力と英語力を磨きます。NGO・NPOの活動についても学びます。

    関連科目

    グローバル社会と女性、政治学(平和と暴力)、国際開発論、国際社会と法、国際人権法、国際協力論、NGO・NPO研究 など

  • クリエイタープログラム

    業界分野/情報通信・デザイン
    Webデザイナー、システムエンジニアなど

    Webデザイナーなどのデザイン系をめざすなら、情報を効果的にデザインする感性とスキルを、システムエンジニアなどの技術系をめざすなら、情報システムや情報ネットワークの理論と技術を学びます。

    役立つ資格/ITパスポート試験、基本情報技術者試験、Webデザイナー検定など

    ITパスポート試験は、IT・経営・プロジェクトマネジメントに関する幅広い知識を証明する国家試験。試験の出題分野に応じた講義を行っています。基本情報技術者試験は、プログラマーやシステムエンジニアをめざす人は取得しておきたい国家資格です。

    関連科目

    情報システム論、情報技術論、情報ネットワーク論、プログラミングA・B・C、デザイン論、Webデザイン技術A・B、3D-CG技術 など

  1. TOP
  2. 学部・学科
  3. 国際情報学科